「引越し業者」と「運送業者」。
どちらを選んだほうがいい?

新生活に向けて、期待が高まる引っ越しですが、少しでもお金を節約したいと考える人も多いはず。
引っ越しといえば引っ越し業者を思い浮かべる人が多いかと思いますが、
中には「荷物の量が少ないから、安く済ませるために引っ越し業者ではなく、運送業者に頼む」という人もいるようです。
では、実際のところ、両業者の間には、どのような違いがあるのでしょうか?
ここでは、「引っ越し業者」「運送業者」それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

「引越し業者」と「運送業者」はどう違う?

「引越し業者」と「運送業者」は、どのような違いがあるのでしょうか。まったくの別物だと思っている人もいるかもしれませんが、引っ越し業者も運送業者も、法律的にはすべて「運送業者」としての登録になります。枠組みとしては同じ「運送業者」ですが、引っ越しを専門に行う業者のことを「引っ越し業者」と呼んでいるのです。
ここで取り上げる「運送業者」というのは、ヤマト運輸や日本郵便、佐川急便、赤帽といった、運送業をメインとしている業者のこと。大型家具がない引っ越しの場合、ダンボールに荷物を詰めて、宅急便(ヤマト運輸)、ゆうパック(日本郵便)などで新居に荷物を運べば引越しは可能です。家具があらかじめ備え付けてある物件に引っ越しする場合、ダンボールで荷物を運ぶ引っ越し方法は適しているかもしれません。
また、軽トラックで荷物を運ぶ「赤帽」では、「赤帽引っ越し」といったサービスも用意しています。貸切便で荷物を運び、さらに作業員を1人貸し出ししてくれるというものです。ヤマトホームコンビニエンスでは、押し入れ1台分の容量が入るコンテナで、宅急便感覚で荷物を運ぶサービスも展開しています。
対して「引っ越し業者」とは、引っ越しに特化した運送業。引っ越しに精通しているだけあり、かゆいところに手が届くようなサービスが多種用意されているのが特徴です。 ダンボールサービスや荷物の梱包のほか、旧居・新居のハウスクリーニングや、エアコン着脱作業なども行う業者も。 新居や家具に傷がつかないような荷物の運搬技能や、狭い通路の中、いかにして大型家具を運びいれるかといったテクニックも持ち合わせています。



「引っ越し業者」のメリット・デメリット

引越しには、引っ越し専門の業者と、運送業者を使った方法があると紹介しました。それでは実際に、どのような違いがあるのでしょうか。 ここでは、引っ越し業者を使うメリット・デメリットを解説します。

<引っ越し業者のメリット>

・仕事がていねいで早い
まず、挙げられるのは「仕事の早さ」「ていねいさ」です。多くの引っ越し業者は、手早くていねいに作業を行えるようスタッフに対する教育を徹底して行っています。 荷物が多い引っ越しでも、優先順位を決めてどうすれば早く荷物を搬出・搬入できるのか判断します。これは、引っ越しを専門に扱ってきた業者ならではのメリットと言えるでしょう。
また、大切な依頼主の荷物を運ぶのですから、「ていねいさ」を重要視しているのもポイントです。家電や家具それぞれの特徴に応じ、 ダメージが少ないように運びます。また、せっかくの新居なのに、引っ越しで壁などに傷が付いたらショックは大きいですね。そのため、養生シートなどを活用し、 荷物を破損しないよう、旧居や新居を傷つけないように運ぶことを徹底しています。

・家族向け、単身向けなどさまざまなプランがある
一人暮らしを初めてする人や単身赴任の人、夫婦二人だけの世帯、大家族の引っ越し、同居のために二世帯が一緒に引っ越すなど、引っ越しにはさまざまなパターンがあります。 そのため、多くの引っ越し業者では、ひとりひとりに適したサービスを提供できるよう、豊富なプランやオプションサービスを用意しています。
スタンダードなプランは、荷物の運搬と設置は引っ越し業者にしてもらい、梱包や荷ほどきは自分たちで行うというもの。 しかし、忙しい人のために、有料で荷物の梱包や荷ほどきもすべて引っ越し業者が行うプランもあります。
できるだけ引っ越し費用を節約したいという人のために、時間を指定しない「フリー便」や、ピストン輸送(旧居と新居を何度か往復して荷物を運ぶ)などに応じる業者もあります。 それぞれの状況や予算に応じてプランを選ぶことができるのもありがたい点です。

・荷物や建物に対しての補償
荷物を運んでいる途中の事故や、荷物の破損、新居の壁に傷をつけてしまったなど、引越し中には思いがけないトラブルが起こってしまうことも少なくありません。
引っ越し業者を利用した場合、「賠償責任保険」により、引越し作業中における他人の身体・財物に対する直接的な損害が補償されます。 安く済ませようと便利屋さんや知り合いに引っ越しの手伝いを頼むという人もいますが、その場合、荷物が壊れたとしても、誰も責任を負ってはくれません。 しっかりとした補償がされているのも、引っ越し業者を選ぶメリットと言えます。

<引っ越し業者のデメリット>

引っ越し業者を選ぶ数々のメリットをご紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。
まずは、運送業者と比べ、サービスがいいことから若干引っ越し料金が高めということ。「荷物を運ぶ」だけでなく、設置までしっかりやってくれるのですから、 当然といえば当然でしょう。また、荷物の梱包サービスや、ハウスクリーニングといったオプションサービスなどを頼むと、さらに料金は高くなります。

・引っ越しの需要が多いときは予約が取りにくい
引っ越しには、繁忙期(需要が高い時期)と、通常期(オフシーズン)があります。繁忙期は、転勤や進学などがある3月・4月です。 こういった繁忙期に引っ越しをする場合、希望日の予約が困難になることが多くなります。特に、仕事や学校が休みの土日は早い段階で予約が埋まってしまうため、早めの対応が必要になってきます。
また、繁忙期は引っ越し費用もオフシーズンと比べて若干高めです。荷物量などによって差がありますが、一般的には1.3倍〜1.5倍料金が上昇します。

業者によってサービスや価格にばらつきがある
同じ引っ越しに特化した業者でも、それぞれの会社によりサービスや価格が異なります。「引っ越し専門だから大丈夫だろう」と料金の安さだけで選んだり、 「どこも同じようなサービスだから」と内容をよく確認しないまま頼んでしまうと、思わぬトラブルが発生することもあります。 例えば、同じ「午後便」でも、業者によっては時間が夕方過ぎになるケースもあります。荷物が思いのほか多かった場合、当日に追加料金を請求されるといったこともあるようです。



「運送業者」のメリット・デメリット

<運送業者のメリット>

・料金が安い。確定している
まず、挙げられるのは、料金が安いこと。ダンボールだけで送るなら、料金は配送料だけで済みます。荷物の量にもよりますが、 それほど荷物が多くなく、近場の場合であれば料金も割安になることが多いです。
また、引っ越し業者に頼む場合、時期によって金額がかわります。しかし、ダンボールだけで荷物を運ぶ場合、 料金は季節に関係なく一定なので、引っ越し料金の計算もしやすいでしょう。見積もりを取るといった手間も不要です。

・日時、時間指定が可能
多くの運送業者は、宅配便は日時・時間指定ができる「集荷・配達指定」を取り入れています。 特別な事情がない限り、大幅に日時がずれるといったことはないため、「なかなか新居に荷物が届かずイライラした」という心配も少ないでしょう。 予約も必要ないので、引っ越し繁忙期でも「翌日に新居に荷物を届けたい」といったリクエストにも応じることができます。

・引っ越し向けのサービスも
赤帽やヤマトホームコンビニエンスでは、軽トラックやコンテナを使った引っ越し向けのサービスも展開しています。 「ダンボールだけで運ぶには、荷物が多すぎる」「家具だけでも、業者に頼みたい」といった場合に適しています。

<運送業者のデメリット>

・スタッフが引越し専門ではない
一番大きな違いは、荷物を搬出・搬入する人が引っ越しの専門ではないことでしょう。引っ越し業者は、引っ越しに関する教育をスタッフに徹底させているところが多いですが、運送業者はそうではありません。 引っ越し業者に求めるようなスピーディでテキパキとした動き、荷物に対する扱いのていねいさ、必要以上のサービスは求めない方が無難かもしれません。

・家具運搬は手伝う必要がある
引っ越し業者を利用する場合、荷物は各部屋までスタッフが運搬してくれる上、家具類も好みの場所などに設置してくれます。 しかし、宅配便を利用する場合、荷物を配送してくれるのは玄関先まで。数箱のダンボールであれば対応できるでしょうが、荷物が多くなると、各部屋まで運ぶのは大変でしょう。
また、作業員付きの引っ越しサービスを行っている運送業者もありますが、作業員は1名です。大きな荷物の場合は、依頼主が運搬を手伝う必要があります。

・家具梱包や養生サービスがない
養生サービスとは、傷がつかないように養生シートで家具や家電を保護すること。引っ越し業者の場合、徹底して傷がつかないように気を配ってくれますが、運送業者の場合、養生が行き届かないこともあります。

・大型家電を運ぶことができない
スタッフと同じように、運送業者の車両は引っ越し専用のものではありません。作業員付きのプランでも、引き受けられる荷物の量には限りがあるため、大型の家電や家具などは運搬は厳しいかもしれません。

まとめ
「引越し業者」vs「運送業者」、それぞれのメリット・デメリットを挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか。荷物が少なく、大型の家電や家具もない近場の引っ越しであれば、 コストパフォーマンスに優れた運送業者も検討していいでしょう。でも、「大切な荷物をていねいに取り扱ってほしい」「荷物を部屋まで運んでほしい」「やはりプロに頼みたい」という場合は、引っ越し業者にお任せしたほうがベターです。

アクティブ感動引越センターでは、これまでファミリーや単身、法人など様々な引越しを手がけてきました。 予算や要望に応じて、ぴったりな引っ越しプランを提案させて頂きます。引越しに関するご不安なこと、分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください。 引越しのプロがご希望を伺いながら親身にお答えいたします