引越し費用を安くおさえるテクニック

引越しは新生活のはじまり。
新生活にともなって様々なものが入り用の時期だからこそ、なるべく引越しにかける費用は少なくしたいというのが本音ですよね。
引越し費用をなるべく安くおさえるために、知っておきたいテクニックについてご紹介します。

なぜ引越し業者によって見積額が違うの?

実は、同じ距離、同じ荷物の量であっても引越しの時期や引越し会社によって料金は異なります。 単身では2,3万、家族での引越しとなると10万近くの差が出るとも言われます。 似たようなサービスであればなるべく安い費用で引越しをしたいものですが、そのためにはまず、引越し料金の基本について知っておくことが大切です。

<引越し料金の内訳>

引越し料金は引越し会社によっても異なりますが、基本的には

・運賃
・人件費
・作業費
・オプション費

によって構成されています。 運賃は基本的な荷物の輸送料金です。トラックの大きさや台数、どれだけ移動するかによって料金が変わっていきます。
人件費は作業員の数、作業費は主に梱包資材の料金です。オプションはペットやピアノなど特別な作業を必要とするものの運搬やエアコンの設置など、基本以外のサービス内容を指します。

引越し業者によって保有するトラックの台数や作業人員が異なるため、作業員が少なくて済む単身引越しが得意な会社、たくさんの作業員で効率的に進められるファミリー引越しが得意な会社など、それぞれ得意分野が異なり、それに応じて料金も変わってくるといえます。
また、オプションの豊富さを強みにしている会社もあるでしょう。
まずは自分の引越しにみあった料金体系と相場を知り、その上で引越し会社の得手不得手をさぐるのも1つの方法です。



引越し費用を安くおさえるコツ

実は、同じ距離、同じ荷物の量であっても引越しの時期や引越し会社によって料金は異なります。 単身では2,3万、家族での引越しとなると10万近くの差が出るとも言われます。 似たようなサービスであればなるべく安い費用で引越しをしたいものですが、そのためにはまず、引越し料金の基本について知っておくことが大切です。

<複数社での相見積もりをとる>

最も大切なことは、複数の引越し会社で見積もりをとって比較検討をするということです。 「どこも変わらないでしょ」「面倒だな」といって1社にいきなり絞ってしまうと、失敗する可能性が高くなります。 同じ内容の引越しでも、作業員が何名くるのか、時間はどれくらいかかるのか、梱包の有無はどうかなど、対応の仕方やサービス内容も違います。 後々後悔しないように、最低でも3社程度は相見積もりをとるようにしたいものです。

相見積もりをとる上で便利なのがやはり「無料一括見積もりサイト」です。荷物量などの入力が1回の手間で済むうえ、各社競争心理が働いて安い見積もりを提示される可能性が高くなります。 インターネットである程度業者を絞ったら、具体的な見積もりに入ります。実際に家の荷物の状況を確認してもらい改めて見積もりを提示してもらいます。納得がいかないようであれば、担当者に直接交渉するのも1つの方法です。また、料金はもちろんサービスや特典内容も合わせて比較するのを忘れないようにしましょう。

<引越し時期は繁忙期を避ける>

2月、3月は、年度始めである4月に向けてみんなが一斉に引越しをするいわば、引越し会社の繁忙期です。予約が取りにくいうえ、そのシーズンは引越し料金も自ずと高く設定されているので、時間的な余裕があるのであれば時期をずらすのが賢明です。 ちなみに、費用が比較的安い時期は、梅雨時期の6月から夏休みに入る前の7月中旬まで、また人の動きが少ない11月頃がだいたいの目安となります。 また、勤務先や学校が休みとなる土・日・祝日はやはり希望する人が多く、それに応じて費用も高く設定されています。一方で、希望する人の少ない平日は比較的安く設定されているので、平日に引っ越すことでもコストをおさえることが可能です。

<仏滅をあえて選ぶ>

新たな門出となる引越しを、縁起が良いとされている「大安」にしたいという人は昔から一定数います。 その一方で、避けられがちなのが「仏滅」です。 そのため、「仏滅」を割安料金として設定している引越し会社もあります。縁起をとくに気にしないという人は検討すると良いでしょう。

<日時指定をしない>

新一般的に、引越し先での荷ほどきの時間を考慮して、朝から昼にかけての午前中に引越しを希望する人が多いです。 日時指定をしなければ、その分安い料金で引越しすることが可能です。 しかし、他の引越しが終わってからの作業になるので、場合によっては「引越しが終わる頃はすでに日も暮れた夜になってしまった」ということもあります。それでもよければ、日時指定をしないというのも選択肢の1つです。

<荷物を減らす>

引越しの価格を大きく左右するのが、荷物量です。 荷物の量が少なくなれば自ずとトラックの台数が減り、車両サイズが小さくなり、また必要な作業員を少なくすることができます。 引越しの費用をおさえるためには、積極的に不用品を処分するなどして荷物を減らす工夫をすることも大切です。

・荷物を減らす方法は?
保存状態の良いものであれば、ネットオークションやフリーマーケット、リサイクルショップなどを利用して売ることもできます。
粗大ゴミは処分するにも費用がかかりますので、近くに必要な友人、知人がいれば譲るのも1つの方法です。
ちなみに、粗大ゴミの回収には予約が必要です。
場合によっては引取りまでに数週間かかることもありますので、余裕をもって予約手配するようにしましょう。

また、奥の手としては、自家用車に荷物を載せて新居まで運ぶという手もあります。
その代わり荷物の運び込み等は自分で行わなければなりませんが、引越し業者にその旨を伝え、料金交渉をするという方法もあります。

・見積書に「積み切り」とあったら注意!
見積書を確認したときに、『積み切り』と書かれていたら注意が必要です。これは、トラックに積めるだけの量しか運ばないという意味で、もし積みきれなかった場合には自分で運ぶか、追加費用が発生することになってしまいます。 費用を抑えようとしているのに、そんなプラスアルファが生じてしまっては逆に高くなってしまう恐れもあります。 わからない用語や不安があればどんなことでも相談するようにしましょう。

<引越し業者のキャンペーンや割引を使う>

引越し会社によっては、その時期限定のキャンペーンや様々な割引プランが用意されている場合もあります。 インターネットから申し込みと割引になったり、1ヶ月以上前など早めに申し込むと安くなる早割サービス、その他平日割引やクレジットカード会社の優待を使える引越し会社など、その種類もさまざまです。
アクティブ感動引越しセンターでも、季節ごとのお得なキャンペーンを実施している他、ホームページからのお申し込み限定の超格安プランを提供しています。 キャンペーンやお得な情報はホームページで随時更新されていますので、こまめにチェックするようにしましょう。

<安いプラン・便を選ぶ>

引越し会社によっては、同じ地域に引越しする人の荷物を同じトラックで運ぶ「混載便」や、引越しの時間を決めない「フリー便」と呼ばれるプランなどを提供している場合もあります。
例えば引越しが高くなりやすい長距離の場合などは、混載便を利用することでコストをおさえられるケースも多いでしょう。 ただし、荷物量や受取り日時の指定ができないなど一定の条件もあるので、決める際にはあらかじめしっかりとした確認が必要です。 また、フリー便は別の引越しを終えた後の作業になります。
引越し費用としては安くなりますが、作業時間が大幅に遅れてしまうなどのケースもあるので注意が必要です。
その他、単身での引越し限定でパッケージ化された「単身プラン」など、各社様々なプランがあります。
自分の引越しにあったお得なプランを見つけられるかも、引越し費用をおさえる上での1つの重要なポイントになるでしょう。

まとめ
引越し費用をおさえるために大切なことは、各社で見積もりをとって自分の引越しの相場を知ること。 そして引越しの時期、時間、料金など、何を優先順位の上位にして、何にこだわらないようにするかなど、自分ではっきり決めておくことがポイントとも言えそうです。

アクティブ感動引越しセンターでは季節ごとにお得なキャンペーンや、ホームページからのお申し込み限定の超お得なプランも提供しています。 ぜひチェックしてお得な引越しをしてください。

アクティブ感動引越センターでは、これまでファミリーや単身、法人など様々な引越しを手がけてきました。 その経験とノウハウをもとに、引越しへの具体的なアドバイスなどもさせていただいています。 「自分にぴったりな引越しプランは?」「荷造りってどれぐらいの時間が必要?」など 引越しに関するご不安なこと、分からないことがあれば何でもお気軽にご相談ください。 引越しのプロがご希望を伺いながら親身にお答えいたします。